FrontPage

データAPI/栄養素の範囲指定による検索

※本API機能は追加オプションご契約の方のみがご利用になれるものです。
※本API機能はご契約栄養素種類が一定数以上の場合、即時にはご提供できない場合がありますので、ご相談下さい。

API情報

名称栄養素の範囲指定による検索
APIバージョン2
認証タイプなし
URLhttps://(APIサーバー名)/services/api2/(アクセスコード)/search/classify/json/主キー栄養素コード/
https://(APIサーバー名)/services/api2/(アクセスコード)/search/classify/json/主キー栄養素コード/開始位置/表示個数/
MethodGET
データ更新頻度目安1週間

概要

主キー栄養素コードに指定した栄養素が指定範囲の食品を含む食品を検索し、カスタムフィルター及びカスタムソートを実施する。

カスタムフィルター

フィルター処理は、文言除外フィルター、文言限定フィルター、構成要素除外フィルター、構成要素限定フィルター、栄養素値フィルターの各処理が実施される。

  • 文言フィルターの対象となるのは、名前、読み、カテゴリーの各文字列である。(複数可)
  • 文言除外フィルターは、名前、読み、カテゴリーに指定文字列を全てまたはいずれかを含むものは結果から除外される。
  • 文言限定フィルターは、名前、読み、カテゴリーに指定文字列を全てまたはいずれかを含むもののみが結果に含まれる。
  • 構成要素除外フィルターは、指定されたobjectidを構成要素に含むものは結果から除外される。
  • 構成要素限定フィルターは、指定されたobjectidを構成要素に含むもののみが結果に含まれる。
  • 栄養素値フィルターは範囲指定の場合、指定された栄養素について、指定された範囲を外れたものは結果から除外される。(全栄養素対象に、複数栄養素に対応)
  • 栄養素値フィルターは存在指定の場合(shopname項目の指定時)、指定された栄養素または項目について、存在しているものまたは存在していないものは結果から除外される。 (商品又は一般料理かの区分に対応)

カスタムソート

指定された栄養素について、昇順または降順によって、結果をソートする。

注意点

カスタムソートに主キー栄養素コード以外も指定可能だが、この場合はレスポンスの所要時間が増加する。
栄養素値フィルターを指定しない場合、または指定範囲に含まれる食品数が多数になる場合、結果に含まれる食品は一部に限定される。このため、栄養素値フィルターを可能な限り狭く指定することが推奨される。
複数の栄養素でフィルターする場合、最も狭い範囲を指定する栄養素を主キー栄養素とし、その他の栄養素を栄養素値フィルターに設定すること。

アクセス手順

クエリー

https://(APIサーバー名)/services/api2/(アクセスコード)/search/classify/json/(主キー栄養素コード)/?(カスタムフィルター条件)
主キー栄養素コードで検索した結果にカスタムフィルター条件を適用して返却する。

https://(APIサーバー名)/services/api2/(アクセスコード)/search/classify/json/(主キー栄養素コード)/(開始位置)/(表示個数)/?(カスタムフィルター条件)
主キー栄養素コードで検索した結果にカスタムフィルター条件を適用し、0から始まるインデックスの(開始位置)番目から、(表示個数)個のアイテムを返却する。

検索文字列がマルチバイトの場合は、文字コードをUTF-8としURLエンコードを施したものとする。

クエリー (GET) の最大値は 8192 Byte(8KB) とする。

カスタムフィルター条件

カスタムフィルターは、クエリー文字列としてクエリー末尾に付加する。 文字列パラメータがマルチバイトの場合は、文字コードをUTF-8としURLエンコードを施したものとする。 カスタムフィルター条件は省略可能であり、省略されたものは実施されない。

パラメータ名内容形式省略可否
exword文言除外フィルター指定文字列
複数指定時は半角スペースで区切る
文字列省略可・未指定時非実施
excond文言除外フィルター除外条件OR条件=or AND条件=andexword指定時必須
inword文言限定フィルター指定文字列
複数指定時は半角スペースで区切る
文字列省略可・未指定時非実施
incond文言限定フィルター除外条件OR条件=or AND条件=andinword指定時必須
exelement構成要素除外フィルター指定objectid
複数指定時は半角スペースで区切る
文字列省略可・未指定時非実施
execond構成要素除外フィルター除外条件OR条件=or AND条件=andexelement指定時必須
inelement構成要素限定フィルター指定objectid
複数指定時は半角スペースで区切る
文字列省略可・未指定時非実施
inecond構成要素限定フィルター除外条件OR条件=or AND条件=andexelement指定時必須
exstuff_idN栄養素値フィルター指定栄養素ID
Nは1から始まる添字。Nは1ずつ増加しなければならない。
栄養素コード
※shopnameを例外的対象としexstuff_existNによる判定に対応
省略可・未指定時非実施
exstuff_upperN栄養素値フィルター範囲最大値
Nはexstuff_idに対応する添字。
数値exstuff_id指定時、exstuff_upper/exstuff_lower/exstuff_existのいずれか必須
exstuff_lowerN栄養素値フィルター範囲最小値
Nはexstuff_idに対応する添字。
数値exstuff_id指定時、exstuff_upper/exstuff_lower/exstuff_existのいずれか必須
exstuff_existN栄養素値フィルター存在指定
Nはexstuff_idに対応する添字。
存在時除外=exclude 非存在時除外=includeexstuff_id指定時、exstuff_upper/exstuff_lower/exstuff_existのいずれか必須
sort_idカスタムソート指定栄養素ID栄養素コード省略可・未指定時非実施
sort_dirカスタムソート順序昇順=asc 降順=descsort_id指定時必須

クエリー例

https://(APIサーバー名)/services/api2/(アクセスコード)/search/classify/json/FO9ee10c4c46d307f56af1f494/0/100/?inword=ジョナサン&incond=and&exstuff_id1=carbo&exstuff_upper1=100&exstuff_lower1=20&sort_id=stuff_e&sort_dir=asc

レスポンス

レスポンスコードは200を返し、レスポンスはjson形式である。レスポンスされる食品数の最大値は 500 である。 検索結果が存在しない場合は長さ0の配列が返される。クエリー書式誤り等の場合はレスポンスコード404が返される。

{
 "foods": [
   {
     "name": 食品名,
     "yomi": 食品名よみ,
     "objectid": オブジェクトID,
     "unit": 分量,
     "stuff_e": カロリー,
     :
     "categorytree": [
       第1階層カテゴリー名,
       第2階層カテゴリー名,
       第3階層カテゴリー名,
     ],
     "shopname": メーカー名,
     "elements": [
       {
         "elementid": 構成食材オブジェクトID,
         "elementunit": 構成食材分量
       },
       :
     ]
   },
   {
     (食品データ)
   },
   :
 ],
}

レスポンス例

{
  "foods": [
    {
      "name": "バヤリース アップル(1本450ml)(アサヒ飲料)",
      "yomi": "ばやりーす あっぷる いっぽんよんひゃくごじゅうみりりっとる あさひいんりょう",
      "objectid": "FO00ac44694f3b67c478583182",
      "unit": 450,
      "stuff_e": 238.5,
      "stuff_p": 0,
      "stuff_f": 0,
      "stuff_c": 58.5,
      "stuff_fiber": 0,
      "carbo": 58.5,
      "categorytree": [
        "その他",
        "飲料",
        "果汁飲料"
      ],
      "shopname": "アサヒ飲料",
      "elements": [
        {
          "elementid": "FO6c781bd746d3081a7a2c0543",
          "elementunit": 450
        },
        {
          "elementid": "FO90d07a4646d307d4789e8d73",
          "elementunit": 10
        }
      ]
    }
 ],
}

考慮事項

本APIの返却するデータは、クライアント側で適切にキャッシュ等を行い、アクセス量を低減させることが望ましい。

バージョン

このドキュメントのバージョン情報

Version1
Revision1
Editorwest

トップ   リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-12-02 (水) 13:55:06 (86d)